album cart comment control guid list logout musicaction mygear orderinfo plus review right-arrow right-circle search top-arrow triangle user wish voice follow artist history profile flag heart folder bubbles cross gear-comment

HOME > レンタルトップ > レンタル一覧 > Sweet Honey Overdrive (PCB)

RENTAL
エフェクターレンタルサービス


レンタル商品一覧
 - 1
 - 2
 - 3
 - 1
 - 2
 - 3

Sweet Honey Overdrive (PCB)

Mad Professor
0

レンタル10日間料金  税別  600円 (648円 税込)

レンタル20日間料金  税別  1,200円 (1,296円 税込)

レンタル価格にはエフェクターのキズ、万が一の故障に関する保険が含まれています

電源・電池について

クリックしてレンタル期間を見る

レンタル10日間 税抜  600円(648円 税込) (延長料:70円)

  • 発送日
  • レンタル開始日
  • ご利用期間
    (10日)
  • 返却期限日

レンタル20日間 税抜  1,200円(1,296円 税込) (延長料:70円)

  • 発送日
  • レンタル開始日
  • ご利用期間
    (20日)
  • 返却期限日

レンタル・延長に関する注意事項

在庫あり

カートに入れる

商品について

Mad Professorのベストセラーペダル、Sweet Honey Overdriveは、アンプライクでブルージー、そしてクリアで抜けの良い歪みを作り出します。
その音はまさに最高級のフルチューブアンプを絶妙にプッシュして作り出す理想的なクランチサウンドだと評されています。

New Sweet Honey Overdriveは、そんなSweet Honey Overdriveのサウンドを受け継ぎながら、内部基板、ジャック、ポット等の構造を見直したコストパフォーマンスに優れたモデルです。

●Sweet Honey Overdrive HWとの違い
Sweet Honey Overdrive HWとNew Sweet Honey Overdriveは、多少ながら違いがあります。
筐体は材質が異なり、 HWは亜鉛ダイキャスト筐体を採用しているのに対し、PCBはアルミダイキャストボディを採用し、軽量に作られています。
ジャック/スイッチはインプット/アウトプットジャック、アダプタージャック、フットスイッチ等を全て基板に直接接続されています。
サウンドは、HWのサウンドを踏襲していますが若干異なります。
アンプの歪み方を忠実に再現した設計で、チューブアンプを軽くブーストしたようなサウンドが特徴です

是非ご自身のギター、アンプと組み合わせてじっくりとサウンドを比較体感ください。

感じたことをお気軽にレビューしてください。
たくさんのギタリストがあなたのレビューを楽しみに待っています! 

お届けするもの

  • Sweet Honey Overdrive (PCB)
    Sweet Honey Overdrive (PCB)

REVIEW
商品レビュー

Sweet Honey Overdrive (PCB)

このエフェクターのレビューを書きませんか?

このエフェクターのレビューを書きませんか?
レビューを書く

サウンドの違いとコスパを確認 Mad Professor 歪系 HW / PCB 4台比較セット
サウンドの違いとコスパを確認 Mad Professor 歪系 HW / PCB 4台比較セット
この商品に関する全てのレビューを見る
これは楽しい、
マーラ様 投稿日 2016年07月07日

【どの製品が一番気に入りましたか?】

MRD-HW

【どのような点が気に入りましたか?】
粒立ちもよく、タイト過ぎない、

【ご自身の気に入った順に並べてください】

1MRD-HW
2SHO-HW
3MRD-PCB
4SHO-PCB

【その他、感想をご自由にお書きください】

そもそものきっかけは、この製品が気になっているという訳ではなく、同じ製品で製法の違いによる音色の差異(個体差があるのを理解してはいるが)を感じたくてレンタルしました、

HWとPCBの違いですが、2機種ともHWの方が高域の分離が良い気がします、これはPCBのトーンを弄っても得られる差異ではないですね、そして、その高域の分離感がミドルレンジのリッチ感の充実にも一役かっている気がします、
どちらを優位とすることではありませんが、僕は個人的にこの高域の出方はHWの方が好きです、
コストパフォーマンスについて、ですが、音色が違う以上は、この製品の価格差は製造方による違いと捉えず、違うエフェクタであると捉えるべきかと思います、
どちらの音色が好みか、それによってチョイスすべきでPCBがHWの廉価版と捉えるのはもったいない気がします、高域のギラつきが苦手な人はPCBの方がいいかなー、とも思います、
このエフェクタの音色のレビューというよりは、違いに対するレビューとなりました、
ただ、全てのHWとPCBの両製品があるモデルがこういう傾向とは言いがたいのも事実であるので、その辺りはご容赦を、
満足度の5はこの製品に対してというよりはこの企画にたいして満足という意味も含んでいます、






プロフィール画像

4人中4人がこのレビューが「参考になった」と評価しています。
このレビューは参考になりましたか?

サウンドの違いとコスパを確認 Mad Professor 歪系 HW / PCB 4台比較セット
サウンドの違いとコスパを確認 Mad Professor 歪系 HW / PCB 4台比較セット
この商品に関する全てのレビューを見る
新旧比較
cooshi 投稿日 2016年06月28日

【どの製品が一番気に入りましたか?】
Mighty RedーBJFが音的には一番好み!



【どのような点が気に入りましたか?】

柔らかさの中からちょと荒々しさを感じる所かな?
と言ってもこの中ではっていうことだけど
微妙な差だから、気持ちの問題かも‼️
OverdriveよりもDistortionがが好みなのか?
【ご自身の気に入った順に並べてください】

1RedーBJF
2RedーHAND
3Honey
4HoneyーBJF



【その他ご自由に感想をお書きください】


今回は家でのチェックなので、あまり音量が出せないから、顕著な差は確認できなかった。
ただ弾いた感じという非常にあいまいな表現で、参考には成らないとおもいますが、

機材は、VOXのNighttreinとPRSモダンイーグルです。



プロフィール画像

2人中2人がこのレビューが「参考になった」と評価しています。
このレビューは参考になりましたか?

GUIDES
ご利用ガイド

RENTAL FLOW
商品レンタルの流れ

商品レンタルの流れ
商品レンタルの流れ
レンタル手順について詳しく見る