album cart comment control guid list logout musicaction mygear orderinfo plus review right-arrow right-circle search top-arrow triangle user wish voice follow artist history profile flag heart folder bubbles cross gear-comment

HOME > レビュートップ > レビュー一覧

検索条件
Big Muff with Tone Wicker EH3011
Big Muff with Tone Wicker EH3011
Electro-Harmonix
Fuzz
この商品に関する全てのレビューを見る
扱いやすいビッグマフ
やしょーご 投稿日 2016年09月12日
【歪の質について】
基本的な音色としてはアルミ筐体のビッグマフに比べると現代的にブラッシュアップされており、ディストーション的に使うことも可能になっています。
ある意味ではロシアンマフに近いかもしれません。
しかしToneスイッチを入れてToneをバイパスすることで元来のビッグマフの暴力的なファズサウンドを、Wickerスイッチを入れることで金切り声のような超高域がサウンドに加わってきます。
この2種類のスイッチにより幅広い歪みの音を扱えるため、これ一台で一通りのファズサウンドは賄えます。

【倍音感、ピッキングニュアンス等音色の特徴について】
どちらかと言うとディストーション的な歪みのため、ボリュームを絞った時の鈴なり感はあまりありません。
倍音感はノーマル<ToneスイッチON<WickerスイッチONの順で強く出てきます。

【コントロールのしやすさ】
シンプルな3コントロールですが、ToneスイッチとWickerスイッチの関係を覚えるのに若干慣れが必要です。
またToneスイッチを入れると一気に音量が上がるため注意が必要です。
Wickerスイッチは極端に高域が出ますが、聴感上の音量差はあまりありません。

【シングル / ハム どちらと相性が良いか】
シングルコイルで使うとファズ、ハムで使うとディストーションな感じがします。
ある意味ではピックアップの特性や出力をわかりやすく反映するとも言えるため、どちらとも相性は良いです。
アクティブピックアップとの相性は微妙です。ほとんどファズ感は出ず、ほぼディストーションと化します。

【アンプとの相性】
トランジスタアンプと組み合わせるとかなりマフ感のある、硬質でギャンギャン言わせたくなるファズサウンドが出ます。
一方で真空管アンプと組み合わせると、非常に扱いやすく、音色のコントロールがしやすい便利なファズに感じます。

【コストパフォーマンス】
中古価格がかなり低く、また新品でも店頭では安く売られていることが多いです。
カバーできるサウンドの幅も広いことから、コストパフォーマンスは高いです。
最初のファズとしての選択肢にはぜひオススメしたいペダルです。


【その他、感想をご自由にお書きください】
正方形に近い筐体で、リトルマフよりちょっと大きいくらいなのでボードに組み込みやすいです。
アルミ筐体マフやリトルマフは使ってる人が多いですが、これはあまり使ってる人を見かけませんので、人と違うファズが欲しい人にもオススメです。
プロフィール画像

1人中1人がこのレビューが「参考になった」と評価しています。
このレビューは参考になりましたか?

SESSIONにのエフェクターレビューは音楽と使用する楽器、アンプごとに評価できます。
レビューを読もう

レビューを読もう
Let's read people's reviews!

レビューを検索
レビューを書こう

レビューを書こう
Let's write your reviews !

レビューを書く