album cart comment control guid list logout musicaction mygear orderinfo plus review right-arrow right-circle search top-arrow triangle user wish voice follow artist history profile flag heart folder bubbles cross gear-comment

HOME > レビュートップ > レビュー一覧

検索条件
Heavy
Heavy
この商品に関する全てのレビューを見る
JC-120がレクチファイアに
やしょーご 投稿日 2016年09月14日
【歪みの質について】
きめ細かくどこまでも深く歪む完全なメタル専用ディストーション。
かなり歪ませても決して音が濁ったり腰砕けになったりせず、はっきりとした輪郭を保ったままなのはさすがEmpressといったところ。
CDで聴くモダンハイゲインサウンドがいつでもどこでも手に入ります。
この系統のディストーションにありがちな薄っぺらさや、デジタル臭さとは無縁で、あたかもENGLやRectifierなどのハイゲインアンプに繋いだかのようなサウンドです。

【倍音感、ピッキングニュアンス等音色の特徴について】
コンプ感はこの系統のディストーションの中では小さい方ですが、やはりニュアンスは出にくいです。
音の密度がアンプ並に高いうえ、真空管を使っていないためピッキングへの反応速度はかなり速く、内臓のノイズゲートも相まって凄まじい歯切れの良さを感じることができます。

【コントロールのしやすさ】
2チャンネル搭載でHighとLowを共通にしていることを頭に入れておけばさほど混乱せずに操作できます。
バッキングとリードで切り替えてもいいですし、曲や展開によって全く異なる2種類のサウンドを切り替えるような使い方もできます。
ミドルの操作帯域をスイッチングできるのが非常に便利で、ダウンチューニング時にも輪郭を保ち、音像をくっきりと浮かび上がらせられます。
Weightコントロールで超低域も操作できるため、オープンバックのコンボアンプであってもスタックアンプのような重低音を響かせられます。

【シングル / ハム どちらと相性が良いか】
断然ハム、特にアクティブピックアップや出力の大きいモダンピックアップです。

【アンプとの相性はどうか】
JC-120がレクチファイアになるほどに、アンプを選びません。
というよりは、よほど状態が悪くないかぎりはどんなアンプに繋いでもこのペダルの音になります。
個人的にはこのペダルの反応速度の良さを活かすために、ぜひトランジスタアンプで使ってもらいたいです。

【コストパフォーマンス】
若干高めの価格設定ですがこのサウンドであれば妥当だと思います。
「メタルディストーションとはなんぞや」という問いに一番間違いなく誰もが頷くサウンドを提供してくれます。


【その他、感想をご自由にお書きください】
ゲイン幅が実は広く、オーバードライブ的なサウンドも出せますし、EQの調整次第ではかなりナチュラルなディストーションも作れます。
そういった懐の広さもこのペダルの魅力で、2チャンネル搭載を活かして曲の展開をこれ一つでガラリと変えることが可能です。
プロフィール画像

1人中1人がこのレビューが「参考になった」と評価しています。
このレビューは参考になりましたか?

SESSIONにのエフェクターレビューは音楽と使用する楽器、アンプごとに評価できます。
レビューを読もう

レビューを読もう
Let's read people's reviews!

レビューを検索
レビューを書こう

レビューを書こう
Let's write your reviews !

レビューを書く