album cart comment control guid list logout musicaction mygear orderinfo plus review right-arrow right-circle search top-arrow triangle user wish voice follow artist history profile flag heart folder bubbles cross gear-comment

HOME > レビュー

REVIEW
エフェクターレビュー


レビュー一覧
SESSIONにのエフェクターレビューは音楽と使用する楽器、アンプごとに評価できます。
レビューを読もう

レビューを読もう
Let's read people's reviews!

レビューを検索
レビューを書こう

レビューを書こう
Let's write your reviews !

レビューを書く

REVIEWS
最新レビュー

ディストーションの最高峰
【歪みの質について】 重心が低く腰の入ったヌケのよいザクザクな歪み感で、芯のしっかりしたハイゲインマーシャルといったサウンドです。 レンジが広くふくよかで、コンパクトエフェクターにしてはかなりアンプっぽい歪みだと思います。 【倍音感、ピッキングニュアンス等音色の特徴について】 倍音豊かでジュワジュワ感が気持ちいいです。 ギターVolにもよく追従します。 【コントロールのしやすさ】 Tightの設定で歪の質がずいぶん変わります。 個人的にはセンターあたりのキレのある歪みが好みですが、合わせるアンプの特性に応じて補正に使えそうです。 ゲインつまみはゼロでもクランチ以上に歪んだり12時以降もあまり変化しなかったりと調整幅が狭いですが、内部トリマとの兼ね合いで調整可能です。 また、絞っても鈍(ナマ)ったりせずそのまま歪が落ちる感じなのでブースターとしても有効です。 Presも合わせるアンプの特性に応じて音ヌケの補正に使え便利です。 【シングル / ハム どちらと相性が良いか】 ゲインも高く、シングル・ハムを問わないと思います。 【アンプとの相性はどうか】 単体の歪みの質が高くコントロールの幅も広いので、大概のアンプに合わせ込めると思います。 【コストパフォーマンス】 ゲインも高く、シングル・ハムを問わないと思います。 【その他、感想をご自由にお書きください】 さすがFriedmanだけあって、従来のコンパクトエフェクターとは一線を画す本格的な歪サウンドです。 オーバードライブと謳っていますが、おそらくはアンプの歪みを意識してのことで、実質ゲインの高さからするとディストーションペダルでしょうね。 以前は個人的にBOSSのDS-1Xを歪みペダルのリファレンスとしてましたが、こちらに乗り換えて今はこれがリファレンスです。 まあ、そうはいってもBE-100の代わりにはとてもなり得ないのは当然のことながら、かなりのハイゲインまでカバーしているので、クリーンアンプと合わせて簡易セットのメインの歪としては十分使えます。 また、ゲインを絞ったブースターが秀逸で、実際にBE-100と組み合わせてブースターとして使っています。 続きを読む
プロフィール画像
アナログな太さ
【歪みの質について】 単体で使うと、荒々しく乾いた音でとても使えない印象でした。歪みは深くするとファズのようになる。 しかしブースターとして使うとこれが不思議と温かみのあるアナログなヴィンテージサウンドになります。 乾いた中域がありつつもスッキリとした出音で、アーチャーみたいなモリッとした音とは対極。 初期ZZ TOPのようなサウンドだと思う。 【倍音感、ピッキングニュアンス等音色の特徴について】 ブースターとしてなら自然にでます。単体だとゴリゴリ、ゴツゴツなのですが。 【コントロールのしやすさ】 使える音色幅は少ないと思うがこの音に価値がある感じです。 続きを読む
プロフィール画像
ファットなオーバードライブ
【歪みの質について】 キャラ的には、中低域の強調された所謂太い歪みだと思います。 【倍音感、ピッキングニュアンス等音色の特徴について】 ローが膨らむ分、高域控えめの丸っこい音色で、音のハリやキレはそれほど感じられません。 【コントロールのしやすさ】 ゲインの設定によって歪みの質が変わって聞こえます。 ローゲインでは比較的スッキリした歪み感ながら、ゲインが高くなると密度が増して毛羽立ったニュアンスが出てくるように感じられます。 トーンは2EQで、音作りの幅は広そう。 あと、出力が結構高いと思います。 【シングル / ハム どちらと相性が良いか】 NC 【アンプとの相性はどうか】 NC 【コストパフォーマンス】 個人的な好みからすると高いように思いますが、結構特徴的な音なので好きな人にとってはいいのかも。 【その他、感想をご自由にお書きください】 Bognerの、アンプをベースとした他のペダルとはかなり違っていて、ちょっと意外でした。 低音がポワーンとした感じで、説明にあるリッチな倍音も感じられませんでした。 個人的に、オーバードライブはアンプのブースターとして使っていますが、こういった中低域厚めのODはブースターとしてはエッジが出にくいのでイマイチですね。 片やオーバードライブとしては、TS系とは一味違ったファットな歪み感で、2EQの効きもいいので音作りの幅は広いかと思います。 あと、入力レベルによってLEDの色が変わるのは面白いです。 ただ、フットスイッチが硬く、しっかり体重を乗せないと切り替わりませんでした。 続きを読む
プロフィール画像
王道ディストーション
【歪みの質について】 一言、素直でバランスのよい正統派歪サウンドといった感じ。 ハイゲインディストーションとは言ってもゾンゾン・ザクザク系ではなく、ゲインの高いオーバードライブといった印象。 【倍音感、ピッキングニュアンス等音色の特徴について】 低域がしっかり出つつもハイも適度に出たマイルドな歪み感といった印象で、倍音が豊潤といった感じはしないものの、ゲインの割に応答性はよいように思います。 【コントロールのしやすさ】 基本的にオールセンターで十分いい音がするのでクセもなく扱いやすいと思います。 ただ、ローゲインだと鈍(ナマ)った感じになるので、ブースター的使い方は適さないでしょう。 ある程度上げたクランチ以降くらいが得意ゾーンかと思います。 トーンは極端な効きではなく、センターを中心に実用範囲は広そう。 【シングル / ハム どちらと相性が良いか】 シングル・ハムを選びませんが、適度なマイルド感がシングルのジャキジャキ感を緩和してくれるように思います。 【アンプとの相性はどうか】 基本的にペダル側メインで歪ませた方がよさそうなので、クリーンがきれいに出るアンプの方が合うように思います。 【コストパフォーマンス】 コストについては承知の上でしょう。 他のペダルではなかなか代替えがきかないように思います。 ただ、個人的にはこの金額を出すならアンプかマルチを選びます。 【その他、感想をご自由にお書きください】 これまで試したコンパクトディストーションだと、重心が高かったりハイがジャリジャリとか細かったり鼻詰まり感があったりというのが大方でしたが、さすがランドグラフだけのことはありますね。 突出した個性があるわけでもなく、まあ普通といえば普通なんですが、このバランスのよい歪サウンドがなかなかコンパクトエフェクターでは出せないので、好きな人には堪らないと思います。 とはいえ、個人的にはレンジの広いアンプの歪の方がいいですね。 コンパクトエフェクターにこだわりがあれば、よい選択肢になるかと思います。 続きを読む
プロフィール画像
濁りのない歪み感
【歪みの質について】 重心の低い腰の入った歪み感で、それでいて音抜けもよく、コンパクトエフェクターとは思えないような濁りのない歪みです。 ゲインゼロでもその印象は変わりなく、つまみを上げるに従って歪みが乗ってくる感じで、このあたりSHODなどを思い起こさせます。 ゲインはSHODよりはありますね。 【倍音感、ピッキングニュアンス等音色の特徴について】 倍音が豊富というか、コンパクトエフェクターにありがちな布を1枚被せたかのような鈍(ナマ)った感じがなく、気持ちいいエッジ感です。 【コントロールのしやすさ】 ゲインゼロからフルまでどの帯域でも使える音で、クリーンブーストにも使えそうです。 また、トーンもセンターあたりで抜けは十分で、ちょっと絞ってもいいくらい。 【シングル / ハム どちらと相性が良いか】 使用したのはハムバッカーですが、どちらもよいと思います。 【アンプとの相性はどうか】 アンプも問わないと思います。 【コストパフォーマンス】 値段はしますが、値段だけのことはあります。 【その他、感想をご自由にお書きください】 アンプの歪みっぽい生々しさが感じられる数少ない歪ペダルだと思います。 個人的には単体使用だとゲインが足りませんが、アンプをプッシュするブースターとしては軽めのブーストから強めのブーストまで帯域幅が広く、非常に有効だと思います。 続きを読む
プロフィール画像
難しい・・・が、その価値は感じる
【歪みの質について】 ケンタウロス系をしっかりと弾いたのは初めてですが、ローゲイン気味で使うのが気持ちよく感じました。あげすぎるとベース用のファズのようにバリバリとした印象です。 【倍音感、ピッキングニュアンス等音色の特徴について】 ローゲイン〜ミドルゲインあたりが個人的には気持ち良い倍音感。 Archer Ikonだけがちょっとピッキングに対する反応が悪いような・・・CENTAUR Goldはピッキングの強さで音の歪み方が変わりますね。 【コントロールのしやすさ】 3ノブなので3機種共いじりやすいです。 音としては Klone V2が若干マイルドで使いやすい印象でした。Toneは少しあげるくらいが気持ちいいかも。 Archer Ikonは3機種の中で一番スムーズにノブの変化が得られる印象。 【アンプとの相性はどうか・シングル / ハム どちらと相性が良いか】 ケンタウロス系はアンプとギターを選ぶエフェクターだと思います。 ハムなど、パワーの強いピックアップとチューブアンプでの相性が良いかと!元の音を押し上げてくれるように利用するのがよいかな〜 【その他、感想をご自由にお書きください】 初めて弾いたケンタウロス系。結構扱いが難しい。 確かに一般にいうように、ソロの味付けに使うのが一番使いやすいと思います。 ゲインをあげすぎると出て来るバリバリ感があまり好みではなかった・・・ CENTAUR Gold / Archer Ikon / Klone V2とも音はそっくりなのですが、その中で一番好きなのはKlone V2。マイルドで使いやすいまとまりのある感じです。 CENTAUR Goldの「あえてローファイ感」も捨てがたい・・・ Archer Ikonはノブの加減も含めて完成度が高く、すんごい使いやすいのですが、個人的にはちょっと音が硬いのかな・・・という感じです。 正直なところをいうと、もっといろんなシチュエーションや機材で試してみるとバッチリと来るやつがあるんじゃないかな・・・という心残りが少しあります・・・笑 続きを読む
プロフィール画像
ヴィンテージ系の歪み
【歪みの質について】 荒くはなく、きめ細かい歪みと思います。 ハイゲインまで歪みません。 古いマーシャルの歪みに近いと思います。 説明書通り、ゲインを12時以上にしても歪みは増しませんが、 低音が増えます。 【倍音感、ピッキングニュアンス等音色の特徴について】 倍音は多いと思います。ピッキングニュアンスはシビアにでません。 【コントロールのしやすさ】 ボリューム・トーン・ゲインの3つだけなので簡単です。 【シングル / ハム どちらと相性が良いか】 両方とも合います。 【アンプとの相性はどうか】 JC120には良いプリアンプと思います。 チューブアンプでも十分に発揮します。 【コストパフォーマンス】 高いですが、中身もそうですが、ケースもハンドメイドなので、 仕方ないのかと。 【その他、感想をご自由にお書きください】 しっかりと低音が出るオーバードライブなので、 低音が欲しい時に使いたいエフェクターだと思います。 続きを読む
プロフィール画像
硬質ゴムのような質感
【歪みの質について】 レビュータイトルの通り、硬質ゴムの弦を弾いているような感じです。 分かりにくいかと思いますが、基音が強いというか、不思議な歪み方をします。こればかりは弾いていただかないと分からないような気もします。SUGIZO氏や布袋氏などが愛用しているとのことですが、非常によく分かります。ローが強めという感じです。 【倍音感、ピッキングニュアンス等音色の特徴について】 あまりアンプらしい歪み方ではないように思うので、倍音感はそこまでないと思いました。ピッキングニュアンスも思ったより出せ、ボリュームの追従性も悪くありませんが、どこか不自然です。 【コントロールのしやすさ】 音量は結構稼げると思います。ゲインも上げればディストーション~軽いファズ程度まで歪みますが、使えるかと言われるとよく分かりませんでした。トーンは上げすぎるとかなり不自然なサウンドになってしまいます。ミニスイッチですが、LINE接続のDTM環境でもかかったことは分かります。もう売却してしまいましたが、使っていたときはOFFにしていました。 【シングル / ハム どちらと相性が良いか】 使っていませんが、恐らくシングルコイルのほうが相性がいいと思います。 【アンプとの相性はどうか】 フェンダー系、、マーシャル系どちらにも合うとは思いますが、 クリーンブースターで使用してもかなりペダルの癖は出る感じです。 【コストパフォーマンス】 価格相応のサウンドクオリティ、ノイズやアクシデントの少なさだと思います。 【その他、感想をご自由にお書きください】 個人的にはSUGIZO氏がいかにも好きそうなサウンドだと感じました。案外中古市場にも多く出回っており、運がよければ1万円台前半で買えることもあるので、ファンであれば中古で買ってみるのもいいかもしれません。 続きを読む
プロフィール画像
Leeds
Leeds
Tech 21
Overdrive
ハイワットを使いたい方ならある程度おススメ
【歪みの質について】 それなりにハイワットに近いと思います。 【倍音感、ピッキングニュアンス等音色の特徴について】 プリアンプのため、コメントしづらいですが、 歪みとあわせてもボリュームの追従性はよく、 ニュアンスも指先でコントロールできる程度です。 【コントロールのしやすさ】 クリーン、クランチから、ファズっぽいドライブサウンドまで、 ハイワットっぽいサウンドを手軽に出せますし、かなりコントロールの幅は広いです。 ですが、ノブの効き方が非常にシビアなため、気に入ったセッティングを見つけるのに苦労はすると思います。 【シングル / ハム どちらと相性が良いか】 実機同様、どちらでもいけると思います。 【アンプとの相性はどうか】 スタジオのマーシャル、ケトナーのパワーアンプで試しました。 キャビネットに左右されやすいものの、プリアンプとしてキャラクターはしっかりと立っています。 【コストパフォーマンス】 ハイワットサウンドをスタジオで手軽に出したい方にとっては、 決して高い買い物ではないと思います。 【その他、感想をご自由にお書きください】 ハイワットの歪みを模したペダルは数多くありますが、 プリアンプ的に使えるかといわれると、コントロールが少なかったりで結構難しい局面があるかもしれません。 このペダルはクリーン~クランチのがむしろ得意分野であると思いますので、純粋にハイワットアンプのサウンドが欲しいならばおススメです。 もちろん歪みペダルとしてもこれはこれで好きな人にはたまらないと思います。 続きを読む
プロフィール画像
Shoals Overdrive
Shoals Overdrive
Heavy Lid Effects
Overdrive
遅い
【歪みの質について】 ゲインは比較的高めに設定できますが、音量はそこまでありません。 歪みの質もTS系やその他既存の有名オーバードライブとは違い、 独特の古臭い音です。トランスペアレント系という評価ですが、 結構原音に味付けする感じがあります。マーシャル系っぽいような感じがありますが、中域~中高域あたりに変なピークがあり、聴感上はあまりフラットな出音ではありません。 【倍音感、ピッキングニュアンス等音色の特徴について】 結構アンプライクなペダルだと思いました。倍音感は結構ありますが、 ピッキングニュアンスやレスポンスについては遅いと感じました。 普段使用しているEastern Music DeviceのProdriver type Aより、 少なくともニュアンスは出せませんし、ボリュームへの追従も劣っていました。 【コントロールのしやすさ】 Gain、Drive、Levelと3つのノブが付いていて、独特の操作感ですが、 必要な程度音量を上げようとすると、その分歪みも付いてきてしまい、 個人的にはかなり使いにくいと思いました。 【シングル / ハム どちらと相性が良いか】 ハムバッカー搭載ギターでしか試していませんが、 調整幅が広いため、ピックアップは選ばないと思いました。 【アンプとの相性はどうか】 実機では試していませんが、ブースターとしても使えるようなので、 汎用性は高いのではないかと思いました。 【コストパフォーマンス】 運がよければ中古で1万円台前半から買えます。 マイナーなメーカーのため、あまり価値が分かる人がいないようです。 ですが、現在製作していないといううわさも聞きました。 【その他、感想をご自由にお書きください】 結構癖が強く、個人的には使えませんでしたが、はまる人にははまるペダルだと思います。音質自体は価格相応(定価27500円程度)だと思います。 続きを読む
プロフィール画像
似て異なるもの
【歪みの質について】 キメの粗い感じがありながら質感の良さがあり、 リイシューや近年モノと別物です。 【倍音感、ピッキングニュアンス等音色の特徴について】 オペアンプ使用のペダルに感じない程、VOLの追従性が良いので ニュアンスは出しやすいです。 倍音という言葉はなぜか当てはまりにくい気がします。 【コントロールのしやすさ】 扱いやすいです。 【シングル / ハム どちらと相性が良いか】 どちらも合うかと。 【アンプとの相性はどうか】 古いめのソリッドステートのマーシャルで試奏しましたが AMP単体で感じる嫌な部分をうまく補正しながら 味付けしてくれました。 【コストパフォーマンス】 「RATらしさ」は後年のモデルでも変わらないですが、 この「あと一歩の質感」を考えると コストパフォーマンスは良い方だと思われます。 【その他、感想をご自由にお書きください】 巻弦でリフを刻む時の感触が、数あるペダルの中でも すごく好みです。 基本の音色はリイシュー品と似たニュアンスなものの、 雑味の無さというか、濁り感の少なさは オリジナルにしか出せない特徴だと感じます。 (これは古いTS808でも同じことを感じました) 続きを読む
プロフィール画像
評判ほどでは…
【歪みの質について】 単体では、軽く歪む程度でハイゲイン系ではありません。クランチ程度で気持ちいい感じです。通常のエフェクターにはない、FTT特有のスイッチがありますが、自宅程度の音量だとあまり感じません。 【倍音感、ピッキングニュアンス等音色の特徴について】 ピッキングニュアンス重視ではなさそうです。ブースター的な使い方の方が良いですね。繋いだだけで音は結構変わるので、それ込みでの音作りが必要っぽいです。 【コントロールのしやすさ】 普通です。 【シングル / ハム どちらと相性が良いか】 シングル向きなような感じですけど… 【アンプとの相性はどうか】 アンプは特に選ばなさそうですが、プロ向けに作っている製品だけに音量がある程度必要かと思います。 【コストパフォーマンス】 国産で高品質かつ雑誌やプロが使用しているなどのプロモーションが多いので、これを買う人は弾く前から欲しい気持ちがあるのではと思います。同じ価格ならいくらでも良いものはありますが、欲しい人に対してはちょっと高いけどという感じで値段は絶妙だと思います。 【その他、感想をご自由にお書きください】 メーカー自体が広告宣伝費にお金を大分かけている感じで情報捜査感ありますが、作りがしっかりしていて外観もカッコいいと思います。非常に現代的なエフェクターです。 -- 2017年08月02日 買うなら中古がいいですね。 続きを読む
プロフィール画像